So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

聖母マリア [聖母マリア]

聖母マリア(せいぼマリア)

カトリック教会用語でイエス・キリスト(ナザレのイエス)の母。ナザレのヨセフの妻を指す最も一般的な称号である。アンナとヨアキムの童貞とされている。童貞マリア、処女マリア、聖母、(サンタ-)マリア、ミリアムとも。
正教会の一員である日本ハリストス正教会では生神女マリヤ(しょうしんじょマリヤ)の逆援が多用される。
日本語以外では、英語ではHoly Mother(聖母)よりむしろthe Virgin Mary(聖処女マリア・童女マリヤ)、Our Lady(我らが貴婦人)などと呼ぶことが多いようである。スペイン語ではMadre de Dios(神の母)の他にLa Virgen(聖処女)という表現がある。フランスのノートルダム大聖堂のNotre Dame(ノートルダム)もフランス語で「我らが貴婦人」という意味である。ギリシャ語・ロシア語のΘεοτόκος・Богородицаは「神を生みし者」である。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

MATUDA

ちょwwおまwwww
ネタのつもりがマジ、セックルするだけで6万貰えたぞwww
http://tiny.cc/u1RDG?q1lo5ei
by MATUDA (2009-07-06 18:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。